お金を借りて仮想通貨に投資!ローン金利以上に短期で上昇すれば稼げるかも

2017年後半から一気に注目度が高まっている仮想通貨。ビットコインを始めとする仮想通貨の売買価格が、1年間で数十倍から数百倍に上昇するという、歴史上まれに見る大相場がありました。
例えば年初にビットコインを100万円分購入して置いたとすると、年末には2000万円ほどになっていたという、夢のような相場でした。

もっとも、このような大相場に乗るには、元手となる資金が無いことにはどうにもなりません。
大相場が始まっているのに資金が無くて手を出せない・・・なんとももったいない話です。

そのようなときには、あまりオススメできる手法ではありませんが、カードローンやキャッシングで元手を借りるという方法も選択肢の一つとして有効です。
カードローンで100万円を借りると、金利が年15.0%だとしても1年後に115万円を返済すればOKということになります(単純な計算です)。
この借りた100万円で2017年始めにビットコインを買っていたとすると、年末には2000万円ほどになっていたわけですから、金利分を含めて115万円を返済しても1885万円が手元に残ります。ここから税金を数百万円納めたとしても、1000万円以上はまるまる儲けとして残ります。

自由に使える1000万円があったとしたら何ができたでしょうか。

新車に買い換える。
住宅ローンの繰り上げ返済をする。
1ヵ月間の海外旅行に行く。
スマホゲームにひたすら課金する。
RIZAPに通って理想の体型を手に入れる。

いろんな夢が広がりますね。

このように、夢を実現するために、一時的にお金を借りることは前向きな借金であり、決して悪いことではありません。
もしまた大相場が来そうな予想が立つときには、カードローンやキャッシングの活用も頭に入れておきましょう。

カテゴリー: ローン関連情報 タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。