借金の言い訳・頼み方は?家族や友だちから借りたい!

お金が必要なとき、キャッシングやカードローンを使うのも便利ですが、数千円や数万円程度の金額であれば、身近にいる人から借りてしまうのも良いかもしれません。
当然ながら、約束通りにきっちり返済しないと信用関係に傷が付きかねませんので、安易に借りたり返済を先延ばしすることは望ましくありません。

さて、身近な人からお金を借りるとき、はっきり「お金貸してもらえる?」とストレートに頼めれば悩むことはないのですが、なかなか言いづらいときは言い訳が必要になります。
どのような言い訳がベストか、いくつか挙げてみました。

・会社で送別会が続いちゃってお小遣いが足りなくなって・・・
・どうしても今日買いたいものがあるんだけど、バイト代が入るのが来週なんだよね・・・
・妻(恋人)にプレゼントを買ってあげたいんだけど、ちょっとお金が足りなくて・・・
・給料日には必ず返すから1万円だけ貸してもらえる?
・何も言わずに1万円だけ貸してくれない?

スムーズに貸してもらえるかどうかは、お願いする相手との普段からの信頼関係が重要になってきます。
「貸してもらえなくて当たり前、それでも貸してもらえたら全力で感謝して、必ず利息を付けて返済する」という姿勢が大事だと思います。
仮に貸してもらえなくても、相手を恨んだり根に持ったりしないことも大事です。

カテゴリー: 借金 タグ: , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。